TGWS>ゲーム記>ロクヨン>爆ボン>バトルモード>

さいしょのバトル

ニンテンドウ64で発売されたゲーム「爆ボンバーマン」について、さまざまなケースを想定した攻略や各種データベース、ついでに嘘八百並べたストーリー紹介をやっています。
基本的に公式ガイドブックに載っていることは書きません(うちは攻略本を写しただけのフザけた攻略サイトとは違うのだ!)。

場所
バトルモード1面
海外版での名前
「Rock Garden」(日本語訳:岩の庭)
特徴
従来の十字爆発から一定の範囲内を全て巻き込む球形爆発になったことで、バトルステージも網の目上のフィールドにソフトブロックが並べられる形から広いステージにソフトブロックが散らばる形になった。
ステージにはこれといった仕掛けはないが、柱を使った戦法はある程度有効。
シングルバトル
こういうだだっ広いステージではとにかく火力がものを言う。
ボムキックで牽制しながらアイテムを集めていくか、あるいは最初からためボムでひたすら攻撃するか、そのどちらかになるだろう。
柱の陰に隠れるという小技も使えるが、ためパワーボムという大技の前には全くの無力だということにも気をつけておきたい。
サドンデスは隕石であるが、見通しのよいステージなのでタイムアップになりやすい。
危険だからこそ、隕石との衝突による誘爆を狙ってボムを投げていこう。
チームバトル
仕掛けがないステージなので早く相手の宝石にたどり着いたほうの勝ちとも思えるが、逆に言えば自分の宝石を持って自由に逃げ回れるということも意味するので、どちらのチームの宝石が近くにあるかを見極めて攻めるか守るか判断したいところ。
柱に乗せてもあまり意味はないが、柱の陰に隠すのは意外と有効。