逆転裁判3

僕は、「好き」を伝えたい。

読み
ぎゃくてんさいばんすりー
所持またはプレイしているプラットフォーム
公式サイト

GBAのゲームのDS移植版のWiiWare移植版

検事だって弁護できる

亜内検事
このゲームで亜内武文様の検事としての姿勢に大変感服いたしました。
ある裁判において彼は命を懸けて証人を信じ、そして最後に命を懸けた大きな決断を下しました。
服毒死か敗北かの卑劣な二者択一を迫った弁護士の問いに、彼は真摯に答えたのです。
毎回第1話の1日目で破れて、どうして彼が弱いと言えましょう。
彼は常にたったの1日で真実を暴いてきたのです。
それも、裁判長に被告人、証人、そして誰よりも弁護人にとって納得できる形で真相を白日の下に晒してきました。
彼は信じます。証人の証言を。
だからこそ、だからこそ彼は、証言への尋問により真犯人が証人であると判明すれば、誰よりも早く緊急逮捕手続きを取ってきたのです。
狩魔親子が忘れていた真実を、御剣怜侍が追い求めた真実を、誰よりも知っていたのが彼、亜内武文検事だったのです。