ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

僕は、「好き」を伝えたい。

読み
ぜるだのでんせつとわいらいとぷりんせす
所持またはプレイしているプラットフォーム
公式サイト
発売/配信日
2006/12/02

ミドナ様のしもべ体感ゲーム

個人的には、Wiiリモコンの不便さ体感ゲームである。

記録
とりあえずクリア。セーブデータはザントの手前。
不便なんですってば
ストーリーや謎解きはすごく良かったのに、もう、操作性は「悲惨」の領域。
ゲームキューブ版と悩んだ挙句Wii版を選んだ身としてはこれは耐え難い。
もちろんクリアした以上は耐え抜いたわけだけど、それは従来操作に戻すアイテムの利用や誤操作を防ぐ工夫をしたことなどによる。
手ブレの激しいWiiリモコンで狙う的は命中する範囲が数ピクセル程度しかない。
ゆっくりポインタを移動していくと一瞬だけ命中するマークが出る。
それもBボタンを押せばその勢いで外れる。
勢いよく弓矢やクローショットを放つのにその射出ボタンはそーっと触らなければならないのだ。
シューティング専門のゲームならそれも含めてゲーム性かもしれないが、ゼルダの場合だと、謎解きはクローショットに阻害され、ボス戦では弓矢に殺される。
Bボタンもそうだ。
せっかく夢をみる島で開発し風のタクトまでで発展させてきたボタンのカスタマイズも、今回は無理矢理Bボタンで使わせようとしたため混乱しやすい構造になってしまったのだ。
つまり、十字ボタンを押すとBボタンにセットされるアイテムと十字ボタンから直接使うアイテムの混在だ。
今では十字ボタンには余計なアイテムをセットしないようにして混乱を防いでいる。
まだまだ言い足りないことはあるが、ゼルダの伝説やWiiそのものを嫌悪していると認識されたくないためこのあたりで終わることにする。
最後にまとめて言うと、Wiiリモコンに散々振り回されてできたのが今作ということだ。
このゲームの「良さ」はGC版を買ったときにでも、この文章の10倍以上の規模で書きたいと思う。

商品リンク