偽者ベンゼン

ベンゼン環を考えた人は夢の中で蛇が自分の尻尾に噛み付くのを見てベンゼン環を思い付いたらしい。
しかしベンゼンの化学式C6H6だけを考えると、環状になっていない構造もあり得る。
例えば、HC≡C−(CH2)2−C≡CH (1,5-ヘキサジンとでも呼ぶべきだろうか)などである。
当然のことながら性質はベンゼンと全然違うのだが。
例えばベンゼンは気体1mol(約22.4l)に対して臭素分子は3mol(約67.2l)反応するが、私の考えた化合物だと4mol(約89.6l)も反応してしまうのである。