ブラックノーズと魔法の歌

アニメ「それいけ!アンパンマン」の情報を掲載している非公式のファンサイトです。
基本的にあらすじでは結末まで記述していますのでネタバレにはご注意ください。
(設定)

日付2010-07-10
区分劇場版第22作
監督
脚本
シリーズ
主要キャラ
関わったキャラ
その他登場キャラ
舞台となる場所
  • 暗闇の谷
  • パン工場
  • ひなた村
  • 中華の国
  • 北の国
  • SLマンの車庫
行われた行事
  • 夏のお祭り
登場した乗り物
登場した食べ物
  • パン
  • 黒い塊
  • 菓子パン
  • 天丼
  • カツ丼
  • 釜飯
  • たこ焼き
  • ソフトクリーム
  • その他いろいろ
使われた道具
使用曲
変装
変身
関連
オープニング曲
エンディング曲

ずっと歌いたかった、あの時から…

あらすじ

歌やダンスやおいしい食べ物は間違った幸せだとブラックノーズに教えられて暗闇の森で育ったカーナ。
母親のブラックノーズを暗闇の森から救い出し、みんなを間違った幸せから解放するために、カーナは暗闇の森から外の世界へ出てくる。
そこでカーナが見たものは、暗闇の森では考えられないような明るくて美しい景色、栄養があるだけでなくおいしくていろんな形をした食べ物、楽しく歌い踊る人々だった。
それが本当に「間違った幸せ」なのか疑いを持ちつつも、カーナは夜な夜な飛び回り、暗闇の笛を吹いて人々を暗い気持ちにさせていく。
何日も外の世界で過ごすうち、おいしいものを食べて自然に笑顔になってしまう自分、歌を聞いて体を動かしたくなってくる自分に気付く。
みんなが楽しくしているのが「間違った幸せ」ではないと確信したカーナは暗闇の笛を吹くのをやめ、このままでもみんなは幸せだということをブラックノーズに伝えに帰る。
ブラックノーズはこのことを快く受け入れ、最後に一曲聴かせてほしいとカーナに頼む。
しかしそれは罠で、ばいきんまんのメカが暗闇の笛の音色を全て吸い取り、世界中にばらまく。
そして世界中の人々が暗い気持ちになったことでブラックノーズは封印が解け、暗闇の森の外に出てきてしまう。
封印が解けて力を取り戻したブラックノーズは町中の人々を捕まえ、楽しい気持ちを奪い去る。
笛を壊され、翼を破かれて捕まってしまったカーナは、何か自分にできることがないかと考え、この世界に来てから何度も聞いてきた歌を歌い始める。
カーナの歌声に続くようにみんなも歌い始め、みんなに元気が戻る。
そしてブラックノーズがやっつけられた後、カーナはみんなと楽しく幸せに暮らすのだった。

解説・感想

キャラ数でギネス認定されてから最初に作られた映画のためか、同時上映も含め、登場キャラ数がかなり多い。
だがまさかやなせうさぎと同じ顔のウサギがたくさん出てくるとは思わなかった。

アンパンマンシリーズの中では特に暗く重い話。
ブラックノーズ、最初にカーナを助けた時点でただの悪人では終わるまいと思っていたが、まさかただならぬ悪人になってしまうとは。
暗闇の森に閉じ込められた経緯なども考えると、ブラックノーズにも何らかの救いがあってほしいと思っていたのだが、ブラックノーズに救いなんて元々必要なかった。
一応、カーナがブラックノーズと他の人々との価値観の違いに気付き、共存の道を提案したように見えたのだが、ブラックノーズはそれすら強硬手段で拒んだ。
そして、自分がずっと昔から外の世界に憧れていたことに気付いたとき、カーナもブラックノーズを見限ったようだ。

今回、いつもの成長ものとは違い、ゲストキャラが自分自身の力で大切なことに気付いた*1
しかし、カーナが「幸せ」のあり方に気付くきっかけとなったのは、作戦を知られないためにしぶしぶ食べたパンがきっかけだった*2
ブラックノーズとカーナは実の親子ではないがかなり共通点が多い。
気付くきっかけがなければ、作戦を隠そうとしなければ、悪人としてブラックノーズと同じ道をたどっていたのだろう。
そう考えるとちょっと怖い話だ。

今回も例年通りの変身ネタがあるが、カーナだけはほかの連中とは違う変身を見せる。
最初はカナリアの雛の姿で、幼い頃ブラックノーズの魔法で人間の姿に変えられ、今回の話で鳥の翼を持つ人の姿に自力で変身する。
最後の変身をした姿が真の姿で、そのときの能力がカーナの真の力だとすれば、あの人間の姿はある種のリミッターだったのかもしれない…というのは考えすぎか。
ちなみに、表には記載していないがブラックノーズもまた変身した姿である。

変身させられなかった連中は多くがカーナやブラックノーズの力により黒鼻に変えられてしまった。
鼻がなかったり低い連中は鼻のあたりに黒いこぶができた。

アンパンマンは変身もしなければ黒鼻にもならなかったが、自分で勝手に地面に激突して力が出なくなっていた。
新しい顔はニワトリアンパンマン号のくちばし(元々鼻のあった場所)から発射され、ばいきんまんたちが中継してアンパンマンに届けられた。

ばいきんまんたちは当初ブラックノーズを利用して世界征服をしようとたくらんでいたが、失敗した後はアンパンマンたちに対し協力的になっている。
みんなが歌うシーンでもごく自然にみんなと一緒に歌っていた。

で、その歌のことだが、アンパンマンのマーチが1番サビ→2番→1番→3番の順で歌われた。
観客にも歌わせるつもりだったようだが、順番が改変されていては、たとえ歌詞を知っていてもまともに歌うことはできないだろう。
演出上は「幸せ」の語が入る2番を先に持ってくるのはありだと思うが。
また、ブラックノーズが途中で「歌うな」と叫んだためそれで歌うのをやめてしまった人もいると思われる。

最後に、楽しいことが必ずしも「幸せ」には直結しないことを付け加えておく。

絵本との違い

  • 基本的な流れは同じ。
  • ばいきんまんは映画版のほうが4桁ほどスケールが小さい。
  • 絵本では食べ物関連の話は丸々カット。
  • ブラックノーズは映画のほうがやや凶悪。
  • アンパンマンは絵本のほうがまともなやられ方をしている。
  • ホラーマンは絵本版では白骨化したヒヨコになっている

その他考察っぽいもの

それっぽくならなかったので書きかけのまま別のページに置いといた。
投げだした考察供養2『カーナの失ったもの』

コメント

  • 二回見ちゃいました笑。今回は夏休みの時期だったのと、来るのが大変な朝一の時間帯を避けてお昼近くにしたためか、客の入りは比較的良かったように思います。そのためか、学校で歌の練習をしているシーンでは歌っている子もいたようです。ただ、ラストではやっぱりみんな歌う余裕なかったみたいですね。怖い魔女に「歌うな」と言われてまで歌いきる根性のある子はいなかったようで。そんな私ははじめから歌う根性がなかったのですが。(管理人 2010-07-31 21:36:55)
  • 見てきました。一人やたら歌ってました。ちょっとぼくも歌ってみましたが、誰ひとりつられて歌ってくれる人はいませんでした。(ひまんまん 2010-08-07 20:56:16)
  • 変身の分類にジャムおじさん、バタコさん、チーズを入れてください。(林 睦美 2013-05-19 18:16:24)
  • シリーズの分類に「メロメロパンチ」を入れてください。(ななしまん 2013-11-03 17:37:17)
  • この映画、少女「カーナ」が幼き頃魔女「ブラックノーズ」に育てられたうえ、最後に今まで教わった事が(ななしまん 2014-09-06 20:34:00)
  • 上の続き、教わった事がすべて嘘であり真実の実態を目の当たりにするところが、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」とそっくり!(DFV VGL 2014-09-06 20:41:59)
  • アンパンマン以外の味方キャラがみんなカーナの笛で鬱になったタイミングでブラックノーズに裏切られ、そこでカーナが歌いだして皆復活、みたいな展開を想像してたらお決まりの強制変身+ズッコケBGMでした。結構シリアスな展開だったから、ここで観客を笑わせたかったんだろう。笑いは大事!( 2015-11-18 21:04:39)
  • 続編作って欲しい(ララルん 2017-09-03 16:36:25)
  • 主要キャラ分類に「メロンパンナ」を入れてください。(ななしまん 2018-09-08 09:59:33)
  • 優しいメロンパンナ(ななしまん 2018-11-19 20:41:00)

コメントを書き込む

商品情報

ブラックノーズと魔法の歌 [DVD]
ブラックノーズと魔法の歌 DVD-BOX【生産限定2 枚組】
ブラックノーズと魔法の歌

声の出演